みるきーうぇいofficial web site

NEWS

僕らの感情崩壊音 「ドンガラガッシャンバーン」ライナーノーツ

2020/07/22

まるでファンファーレのようなギターから幕を開けるイントロダクション。

一聴したら、ポジティビティ溢れるアッパーなギターサウンドが感情をアップリフトしてくれるように聴こえるかもしれない。

 

しかし、歌われるテーマは心が砕け散る“僕らの感情崩壊音”そのものだ。

 

それは、シャボン玉のように弾けて飛んだ“失恋の歌”。その終わり方は半端ないもので“君と過ごした優しいあの日々が 粉々になる凄まじい音がした”と歌詞で表現されているのだから強烈だ。みるきーうぇい、伊集院香織はそんな響きを「ドンガラガッシャンバーン」と名付けた。まさに“感情崩壊音”だ。ふと、東京のライブで初披露された日、フロアのオーディエンスが右腕を掲げながらこのフレーズを口ずさんでいたことを思い出した。悲しいはずの曲なのに、楽しくポップに聴こえた。

そう、伊集院香織は心が壊れるような最悪な想いを“光って無くなれ”と、次への希望として紡いでくれたのが本作の“ポップ”の本質なのかもしれない。

 

みるきーうぇいが持つクリエイティブのビジョンには、“音楽で自分と同じ気持ちの人と共感し合いたい。私と同じやつがいるんだ、と感じ合いたい。

助け合いたい。”という想いがある。音楽とは面白いもので悲しい歌詞に悲しい音色、アレンジを付けるというルールはない。

悲しい音の響きに楽しさを混ぜ合わせることで、あの頃の気持ちをより深く思い出せたり、または昇華することもできる。

そして、音楽を奏でるのは表現者であるアーティストだが、受け止めるのはリスナーであるオーディエンスだ。“1対n”(アーティスト対オーディエンス)。

この公式があってはじめてポップ・ミュージックは意味をなす。だからこそ、対面で向き合える生ライブは大事だ。

そう、“一人対みんな”であっても、僕らリスナーにとってはみるきーうぇいを“1対1”の関係性で感じられるのだから。ゆえに音楽とは、オーディエンスそれぞれの解釈で受け止めるものであり、解釈は人それぞれでいいのだ。まるで魔法のようだね。

 

「ドンガラガッシャンバーン」を聴いて、楽しくポップな、いや、少しばかり自棄っぱちな気持ちを感じつつも、新しい感覚としてのパンクな音が胸に響いた。

ぜひ、全編鳴り渡るギターの音色にも注目してほしい。あなたには、この繊細なる変化がどうやって聴こえるだろうか。

 

本作は、誕生秘話を描いたショートストーリーを紐解くことで、より作品の文脈を詳細に理解することができる。

ミュージックビデオによる映像表現も同じくだ。みるきーうぇいが解き放つ、宝物のような最新のポップミュージック。

キラーチューン「カセットテープとカッターナイフ」を上回るかもしれない拡がりを予感させる、2020年代を切り開くパンクソングの完成だ。

 

 

ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

TOP